志願倍率アップ 国公立2次中間発表(産経新聞)

 文部科学省は29日、国公立大の2次試験志願状況の中間集計を発表した。同日午前10時現在での志願者数は9万9370人で、募集人員に対する倍率は1.0倍で、前年同期の0.8倍を上回った。出願期間は2月3日まで。前年の確定志願者数は47万5020人で、倍率は4.8倍だった。

 集計の対象は、国立82大学367学部、公立73大学162学部の計155大学529学部。国立の志願者は7万6837人で志願倍率は1.0倍。公立は2万2533人で1.2倍。

 学部別で志願倍率が高いのは、国立大はいずれも後期日程で、東京大全科類(理科三類を除く)20.4倍▽岐阜大医学部12.5倍▽一橋大法学部11.4倍▽千葉大薬学部11.3倍など。

【関連記事】
北大も2次の追試見送り 新型インフル感染下火で
城南予備校、志望校落ちたら翌年無料
不況でも削れぬ…中学生の塾代最高 年間18万7千円
受験生に人気“上りのみ有効”西武鉄道の片道切符
朝ゴハン食べると年収が高い!?「朝食が成功者の第一歩」

「政治とカネ」2月集中審議へ…与野党合意(読売新聞)
空自 国産次期輸送機、初の試験飛行 岐阜基地(毎日新聞)
<上野動物園>ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も(毎日新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
冬のボーナス、12%減=減少率最大−厚労省調査(時事通信)
[PR]
by hmqtvhuov4 | 2010-01-31 08:38


<< <サル>ナベ、地位捨て恋に走る... 山手線、新大久保駅の人身事故で... >>