家賃代わりにみだらな行為 少女を泊めた男逮捕(産経新聞)

 家出少女を自宅に宿泊させ、みだらな行為をしたとして、千葉県警市川署は25日、児童福祉法違反の疑いで、同県市川市鬼高、ホテル従業員、大橋信宏容疑者(44)を逮捕した。大橋容疑者は容疑を認め、「(みだらな行為をしたのは)家賃代わりだった」と供述しているという。

 同署の調べによると、大橋容疑者は昨年11月上旬から同12月6日までの間、埼玉県出身の無職少女(17)を自宅に滞在させ、少女が18歳未満であると知りながら、3回にわたりみだらな行為を行った疑いが持たれている。

 大橋容疑者と少女は昨年10月、少女の知人を介して知り合ったという。大橋容疑者は、少女が家出中であることを知り、「セックスさせてくれれば、家に泊まってもいい」などと持ちかけたという。

【関連記事】
教え子にみだらな行為 容疑の塾講師を逮捕 愛知県警
女子高生ら2人を児童買春 容疑の海上自衛官逮捕
“小遣い稼ぎ”で児童ポルノ、母親8人摘発 宮城県警
6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
「おれは足フェチだ」と痴漢 男子高校生を書類送検

自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
「和包丁」世界を切る! 仏料理でも支持、輸出量増加(産経新聞)
まるで母娘旅行!24日から真剣5番勝負…女流名人位戦(スポーツ報知)
【視点】都予算原案 生活に戦略的投資(産経新聞)
[PR]
by hmqtvhuov4 | 2010-01-28 18:35


<< 山手線、新大久保駅の人身事故で... 自民、谷垣氏の新ポスター製作 ... >>