元後藤組組長、逆転有罪=ビル所有権虚偽登記―東京高裁(時事通信)

 所有権がないビルの移転登記をしたとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われた元指定暴力団山口組系後藤組組長後藤忠正被告(67)らの控訴審判決が25日、東京高裁であり、出田孝一裁判長は後藤被告を無罪とした一審東京地裁判決を破棄、後藤被告に懲役2年、執行猶予4年を言い渡した。 

【関連ニュース】
暴力団幹部3人を逮捕=会社経営者殺人
ホステスは16歳=風営法違反でスナック摘発
デリヘル依頼の男性恐喝=容疑で山口組系組員ら逮捕
山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円

路上で3人、刃物で負傷=「母親にやられた」と男性―京都(時事通信)
「久々に会い不愉快」傷害容疑で少年2人を逮捕 日高(産経新聞)
<国選弁護制度>利用件数1年間で9倍に 対象事件拡大で(毎日新聞)
<未解決事件>埼玉・熊谷の小4男児ひき逃げ 母の執念 ナンバー追跡2万台(毎日新聞)
普天間方針、福島氏「首相発言」で決定に反対(読売新聞)
[PR]
by hmqtvhuov4 | 2010-05-29 03:42


<< 回転ずし店に車突っ込む=客13... <八街殺人放火>孫娘の知人を別... >>