就職安定融資を悪用、175万だまし取った疑い(読売新聞)

 解雇や雇い止めで仕事を失った人を対象に、住居費などを貸し付ける国の就職安定資金融資制度を悪用し、融資金約175万円をだまし取ったとして、大阪府警が、とび職の男ら4人を詐欺容疑で逮捕したことがわかった。

 男が融資を申し込んだハローワーク阿倍野(大阪市)では同時期に、入居の事実がない不審な申請が約30件集中していたことも判明。府警は11日、同ハローワークを関係先として捜索、申請経緯を調べる。

 逮捕されたのは、大阪府八尾市安中町、とび職・下垣卓弥(21)、同府東大阪市横小路町、土木建築業・安楽勇大(23)両容疑者ら4人。

 捜査関係者によると、4人は共謀し、「下垣容疑者が安楽容疑者から解雇され、住まいを失った」と偽装。昨年3月、下垣容疑者が、虚偽の申請書類をハローワーク阿倍野に提出し、近畿労働金庫天王寺支店から家賃補助費など計約175万円をだまし取った疑いで、10日に逮捕された。

 実際は、下垣容疑者はもともと安楽容疑者との雇用関係はなく、別に住居もあった。昨年11月、詐取金の分配を巡りトラブルになり、4人のうち1人が天王寺署に情報提供していた。下垣、安楽両容疑者は容疑を認めているという。

 一方、同ハローワークでほかに発覚した約30件は、昨年3〜6月の申請分。いずれも、申請書類に記されていた転居先には入居した事実がなく、府警は背後に「指南役」がいる可能性があるとみて捜査。同ハローワークから関係書類を押収し、分析を進める。

飛行の安全重視の機長、交代させ即日契約解除(読売新聞)
業者が偽装、国産表示のタケノコに中国産…三越(読売新聞)
<患者骨折>胸部を強く圧迫か 逮捕の元看護師(毎日新聞)
スペインでそば打ち、信州の愛好家が実演・交流(読売新聞)
<天気>降雪、強風で交通機関乱れる(毎日新聞)
[PR]
by hmqtvhuov4 | 2010-03-16 15:07


<< 一票の格差「憲法上好ましいもの... 風船が一瞬で破裂…出回る違法「... >>